ZAZEN BOYSを中心とした向井秀徳作品に関するコメントやライヴレポなどを書いております。
Live Report #258:WWW X(230203)
2023.2.3 渋谷 WWW X
 
 2023年の初ライヴが先日あったばかりのZAZEN BOYSですが、その3日後に再び2マンライヴに参加できるなんて、なんという幸せ!しかも、先日の最前列に続き今回も前から2列目だったし、演奏された曲も前回とはかなり入れ替えてたし、アフタートークのコーナーもあったし、とにかく素晴らしい夜になりました。
 この日は東京MXテレビの番組『69号室の住人』の企画だったんですが、まずは対バン相手のw.o.d.のライヴからスタート。開演前に流れた過去番組の映像で、以前に対バンしたThe Birthdayへのリスペクトが語られていましたが、「なるほど」と思わせる骨太のロック臭い演奏は熱々でした。
 そして、ZAZEN BOYSの登場だっ!―――まずは、この日の曲順を書いておきます。
 
  1. Honnoji
  2. COLD BEAT
  3. MABOROSHI IN MY BLOOD
  4. IKASAMA LOVE
  5. SI・GE・KI
  6. ポテトサラダ
  7. CRAZY DAYS CRAZY FEELING
  8. 杉並の少年
  9. WHISKY & UNUBORE
  10. RIFF MAN
 
 ちょい久しぶりの野性味あふれる『Honnoji』からライヴは始まります。やっぱ何度聞いてもシビレます。そして、ライヴでは定番とも言える『COLD BEAT』は、中間部の《泥沼ファンク》も熱い!3〜4曲目には、去年の鶯谷で皮切りだった『MABOROSHI IN MY BLOOD』〜『IKASAMA LOVE』という以前はよくやってた連続音波が押し寄せ、フロアの温度も上がります。
 そして、この日最初のサプライズ!―――かなり久々となる『SI・GE・KI』であります!MIYAさんのゴリゴリベース、敦さんのハンパなきドラムス、カシオマンの発狂ギター、そこに向井さんの熱唱が加わり加熱していく演奏には、久しぶりだったこともあってマジでシビレました!☆!
 まだまだビックリは終わりません。「変な時間に《お前はどこのわかめじゃ》を食ってしまったんで、あんまり食べたくはない」みたいなコメントをして『ポテトサラダ』を演奏した後、2発目のサプライズがありました。そう、これまたかなり久しぶりの『CRAZY DAYS CRAZY FEELING』をやってくれたんです!しかも、向井さんがキャップとおどけたグラサンを装着して、アレンジを大幅に変えた(ひなっちがいた頃、似た系統のアレンジはあったが)《ヒップホップヴァージョン》でブチかましてくれました!いや〜、めっちゃカッコよくて全身がビリビリするような演奏でした☆☆♪☆☆
 その後、『杉並の少年』を挟んで、個人的に超大好き過ぎる『WHISKY & UNUBORE』でギターの競演にシビれ、締めに『RIFF MAN』でうながり上がるという素晴らしい構成で、もうハンパなく最高のライヴでした!
 そして、この日はこの後ステージにテレビと同じセットを組み、番組MCであるグランジの遠山さん司会でw.o.d.の3人と向井さんを迎えて『69号室の住人』のトークコーナーがありました。この模様は、2/21(火)の深夜にオンエアされるそうなので、ネタバレになるから詳しくは書きませんが、向井さんのヒョウキンぶりが発揮されてめっちゃ楽しかったです。放送がない地方でもネットの再配信などで見れるらしいので、チェックしてみてください。
 
 そんなわけで、「なにかが起きそうだぞ」という予感は見事に当り、予想以上に素晴らしい最高に最高なライヴでございました!メンバーの皆さん、w.o.d.の皆さん、スタッフの皆さん、盛り上がったフロアの皆さん、お疲れさまでした!
Live Report #257:duo(230131)
2023.1.31 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
 
 2023年、ZAZEN BOYSの初ライヴは渋谷にて開催されました。偶然にも、この日はduoの近所にあって55年間続いたという東急百貨店渋谷本店が閉館する日だったようで、駅前で進む「100年に一度」という再開発の波が奥まで押し寄せた感じで、渋谷が変わっていくのを痛感しましたが、そんなこととは関係なく、ZAZEN BOYSとdownyの2マンは爆発しました!
 変拍子のリズムとうねるギター&シンセが作り出すdownyの濃厚で幻覚的な演奏の後、素早いセットチェンジを経てメンバーがサクッとサウンドチェックしてライヴがスタート!この日は、特別のレア曲はやらなかったけど、昨年末のラスト2マンでは演奏しなかった『COLD BEAT』や『Weekend』や『Asobi』が戻って参りました。(今回は、セットリストのみです。ごめんなさい!)
 
  1. HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
  2. COLD BEAT
  3. Delayed Brain
  4. This is NORANEKO
  5. RIFF MAN
  6. Weekend
  7. ポテトサラダ
  8. はあとぶれいく
  9. 永遠少女(新曲)
  10. 破裂音の朝
  11. Asobi
Live Report #256:鶯谷(221127)
2022.11.27 鶯谷 東京キネマ倶楽部
 
 年末のフェスCDJを除けばZAZEN BOYSとして今年最後となるライヴが、めっちゃ久々に(俺の知ってる限り約7年ぶりぶり!)鶯谷の妖艶な(笑)元グランドキャバレーだったライヴハウスで開催されました。―――まずは、この日やった曲を書いておきます。(今回も、詳細なレポは省略してミニコメントのみです。ごめんなさい!)
 
  1. MABOROSHI IN MY BLOOD
  2. IKASAMA LOVE 〔『MABOROSHI〜』から続くと何故かホッとする〕
  3. Delayed Brain
  4. HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
  5. This is NORANEKO
  6. 永遠少女(新曲) 〔熟成してきましたよ!向井さんのシャウトな顔も素敵〕
  7. 杉並の少年 〔曲紹介前の向井苫小牧発言にMIYAさんズッコケる(笑)〕
  8. はあとぶれいく 〔向井さん、ステージ左手のキャバレー階段上で歌う〕
  9. 破裂音の朝
  10. RIFF MAN 〔破裂した後でウナがり上がれて最高☆〕
  11. ふられ気分でRock’n’Roll(by TOM★CAT) 〔嬉しすぎるサプライズ!〕
 
 なにせ元はキャバレーだった内装を残してるハコなので、音の反響も少し違ってる感じもあるし、とにかくレトロなビジュアルの中でZAZEN BOYSが演奏している姿も妙に似合ってて素敵でした!このステージに立つのがたぶん初めてだろうMIYAさんのビックリ顔もいい(笑)。なんかメンバー全員が新鮮な空間にノッてっる感じで最高でした♪
 この日のライヴでは珍しく『COLD BEAT』をやらなかったけど、その替わりって言ったら変ですけど、サプライズ的にウェブ配信されたばっかのカバー曲『ふられ気分〜』をやってくれたので、めっちゃ楽しくて幸せな気分になっちゃいました!
 ここ3年近く感染を気にして自分の定位置だった最前に立たなかったけど、いつまでたっても収束しないから開き直って久々に最前で参加したら、「やっぱ俺ここだよな〜」って胸に込み上げるものがあって、それも含めて最高の夜になりました☆☆☆
 
 (参考までに、2015年9月にZAZEN BOYSがキネマ倶楽部でやったライヴレポのリンクを貼っておきますね。こちらです→ http://roastpork.jodankaigi.com/C3_12.htm#333 )
Live Report #m-70 :WWW(221108)
2022.11.8 渋谷 WWW
 
 2017年に高知県の竹林寺で行なわれた一夜限りのレアなイベント《平家物語 諸行無常セッション》を記録した映画が完成し、その上映会&ライヴイベントが渋谷で開催されました。会場となったWWWでは、前方のスタンディングエリアに丸椅子が並べられ座って参加できるようになっていました。お寺での本番には残念ながら行けなかったので、めっちゃ楽しみにしていましたが、映像に記録されたライヴは想像以上に情熱的かつ刺激的でゾクゾクしました。
 上映に引き続き、休憩なしで向井さん/坂田明さん/古川日出男さんの三人によるセッションが始まりました。『皆既月触セッション』というタイトルでしたが、さらに天王星食とダブルだったというレアな日にふさわしい物凄いエネルギーの即興演奏が展開されました。三人の個性がぶつかり合って融合して昇華する熱演の後、アンコールに応えて少しくだけた感じで『そばやそばや』で盛り上がり、歴史に残るだろうイベントは終宴。最高に刺激的な夜になりました!♪☆
Live Report #255:SHIN-ONSAI(221105)
2022.11.5 新宿 文化センター大ホール
 
 この日、ZAZEN BOYSが初めて出演したのは新宿で開催されたSHIN-ONSAIというイベント(前回の3回目は無観客で配信のみになったようで、今回が4回目)です。ライヴ中の向井さんのコメントによるとMATSURI STUDIOからチャリで15分という新宿三丁目にある公共施設内のホールで行なわれた室内型のフェスで、外の道路には何軒か屋台も出ていて、数少ない秋フェスを演出していました。
 ZAZEN BOYSは大ホールのステージに4番手として登場しました。この日のライヴで演奏された曲は次のとおりです―――。(今回は、詳細なレポは省略してミニコメントのみです。ごめんなさい!)
 
  1. HIMITSU GIRL'S TOP SECRET〔新しいアレンジに磨きが掛かってきた!〕
  2. COLD BEAT
  3. Delayed Brain〔後半に加わったカシオギターの泣きが素敵〕
  4. 永遠少女(新曲)〔今回は、演奏前にタイトルを告げてから〕
  5. 杉並の少年
  6. ポテトサラダ
  7. はあとぶれいく
  8. RIFF MAN〔ハンパなくウナがり上がりました!〕
  9. Asobi
 
 久しぶりにリストバンドを手に巻いてフェス気分で参加したライヴは、約50分の持ち時間に現在のZAZEN BOYSらしい曲を散りばめた構成で、先日のワンマンに引き続き反戦のメッセージが籠もった歌詞が心に刺さる新曲『永遠少女』も披露してくれたし、本番前にフェスならではのセットチェンジでメンバーによるサウンドチェックとして『Honnoji』の後半も聞けたし、最高に楽しい夜になりました☆♪☆

Next INDEX Back

ホーム 調理人 冷凍都市 番号少女 出前味噌 厨房
ブログ 掲示板


Last Updated: 2024/5/31 Fri.

メールはこちらまで。